toggle
blog
2016-01-25 | blog

秘密なレディ🎶

本日もリュネットプラスblogにアクセス頂き有難うございます。

オープンからのスターティングメンバーの一つでカジュアルな

女性フレームをご紹介‼‼

シークレットレメディ

その名もシークレットレメディ

IMG_1603IMG_1601

IMG_1600

シークレット レメディ S005 Edie 05-53

フロントは4層のカラーをミルフィーユみたいに組み合わせ

フロントからは一番表層のレッドを外して

ラベンダーピンクを立体的に表現しました。

IMG_1597IMG_1598IMG_1599

 

シークレット レメディ S005 Edie 01-53

ベースカラーのブラウンを丁寧に配色

ヘアカラーに合わせても奇麗。

 

IMG_1591IMG_1593IMG_1592

シークレット レメディ S008 Josee 04-53

フロント中央からサイドに向かいクリアブラウンからオレンジへグラデーション

を入れることにより顔が立体的に表現されることにより小顔効果が出ます

サイドのL字にワンポンイントでサンゴカラーの差し色がお洒落感アップ!

更にテンプルにもライを入れてプチパーティー気分!

 

IMG_1595 IMG_1594 IMG_1596

同じJosee 05-53 のブラックバージョン!

更にラメが目立つことによりパーティー感がアップ

中央部のクリアブラックからサイドに広がるグラデーション

フロントの締めくくりはL字のモニュメントが特徴

 

う~~んなかなか写真では伝わりにくいです。。

 

2016-01-24 | blog

KIO YAMATO

本日もリュネットプラスblogにアクセス頂き有難うございます。

オープン当初からのスターティングメンバーの中に福井県は鯖江の逸品

「KIO YAMATO」をご用意しております

IMG_1585

世界の福井のの誇る技術を集約したKIO YAMATO のフレームの一部をご紹介いたします。

IMG_1579

KT-441J/02 /54

フロントはグレーメタリック、アンダーハーフリム、天地幅31㎜で遠近両用レンズも余裕で入ります

フレキシブルヒンジですので掛けた時に耳かけ部にストレスを感じにくい構造です。

艶消しのエメラルドグリーンテンプルはストライプ入りです。

IMG_1576

KT-441J/04 /54

フロントは渋めのメタルレッド、大人の赤がお洒落です。

テンプルカラーはダークな艶消しレッドにほのかにゴールドラメを散りばめたお洒落上手の為の逸品です。

IMG_1583

KT-441J/02 /54

フロントは高度な技術を用いた艶消しのライトブラウン

テンプルはブラウンにこげ茶のストライプ入り、磨き上げたテンプルは

ビジネスシーンで活躍することでしょう。

 

 

2016-01-23 | blog

真面目にリュネットプラス④

本日もリュネットプラスblogにアクセス頂き有難うございます。

今日は常に感じていたのですが、あえて書き加えてみました

眼の測り方についてです。

まず、この機械は何を測るものでしょうか

IMG_1573

 

ピューピロディスタンス(瞳孔間距離測定器)と呼び通称「PD計」と呼ばれてます

瞳孔の位置が鼻を中心として右と左何ミリの位置に瞳孔があるかを測ります。

IMG_1575

測り方は簡単、お客様に中心の鼻あてをしっかり当てて頂き

瞳孔の位置に線をほんの数秒だけ合わせるだけ、

 

眼鏡のレンズは度が入っている場合どこでも奇麗に見られるわけではなく

メガネフレームに収まるように削る訳でもないのです

お客様一人一人皆この距離がちがうのです、更に鼻を中心とした左右の距離も

違います

名称未設定-1

例えば、PD(瞳孔距離)が合計で64㎜としても

右31㎜と左33㎜の人も居ます。

これで、レンズの光学中心が瞳孔とずれていたら

眼精疲労などを起こす原因のひとつになるかもしれません。

実際のレンズを体験するのも左右距離が違う仮枠でおこないます。

IMG_1528

実際に当店でメガネを作られたお客様でも

「今、掛けてるメガネと同じ度数で作ったのに、新しいメガネほ方が違和感が少ない」

と、言って下さるお客様もたくさんいらっしゃいます。

当店ではこういう一手間を省きません

料理もメガネも一手間で全く違うものが出来ます

どうぞ、ご安心してご来店ください。

 

 

 

2016-01-22 | blog

感じるデザイン

本日もリュネットプラスblogにアクセス頂き有難うございます。

先日のblogでご紹介した松江工房ですが、私の持ってる「松江工房006BK」

IMG_0096

の他にもいろんなアイデアが詰まったフレームがたくさんあります。

たぶん、大量生産しているメーカーさんだと手間のコストとか

いろんな諸問題で作りたくても作れない

なんて、フレームだと思います。

秀逸なのがクリア生地とブラック生地の組み合わせ、

色としては両極端な色ですが、組み合わせは無限大

黒を中に潜ませたり、重くなる黒いフロントをクリアを入れることに

より軽快なイメージにもっていったり

意外性を楽しむフレームがそろってます。

まずは、こちら

IMG_1564

松江工房Iami5 BK/CL

IMG_1569

ラウンドシェイプに山型になってないシャープなブリッヂ、テンプルの先まで気を抜けません。

 

次はこちら

IMG_1565 IMG_1568

松江工房Iami3 BK/CL

クリアの中に上部だけBKでまとめて一見ブロー風仕上げイマチュアです

 

最後はこちら

IMG_1566 IMG_1567

松江工房M015 014011

本体はワンブリッヂですが、見た目がツーブリッヂ!

三須さんのデザインはあなどれませんね。

2016-01-21 | blog

ひと目ぼれのフレーム

リュネットプラスblogへアクセス頂き有難うございます。

以前にもこのblogでお話ししましたが、

松江工房の三須さんと出会ったの3年前の春でした、

三須恒二

展示会会場でそれを見た瞬間、展示品にも関わらず

「これ、売ってください!」

と、おこがましくも強引に展示品を買い取り

手に入れたのが松江工房-006恒房BK

IMG_1540

そして、本日ご来店のS様、リンドバーグが気になり先日取り置きをして

再びの御来店、

「良いものはそれなりのお値段ね」

と【歩】や【ワイコンセプト】をご覧になっている中

いきなり、

「これいい!」

「これにする!」

へっ?と振り向いてみるとそこには私が普段掛けている006の色違いを握りしめていました

松江工房の006 恒房 琥珀

3年前のデジャブみたいです

IMG_1539

デザインは言葉じゃないんです

tKnitkLnfCufS5LiHf6vsQ_r

イマジネーションです と呟いた三須さんを思い出しました。

レンズが届くまで約1週間、お楽しみにお待ちくださいませ。

 

2016-01-20 | blog

開封いたします。

本日もリュネットプラスblogへアクセス頂き有難うございます。

facebookにてご紹介したダンボール3個、開封しました‼‼

ちっさいほうは先日ご来店のN様からご注文頂いた「歩~AYUMI」

IMG_1546IMG_1547

ご存じL シリーズ L-1010 アユミブルーです。

IMG_154912

細部まで磨きが行き届いてます。

きっと。N様が気に入って頂けると確信しております。

そして、あのでっかいダンボールの開封ぅぅぅ

IMG_1550

バン!革製のオリジナル眼鏡ケース!6本収納可

IMG_1551

おおお!蓋がクリアなアクリルの大きい窓で中身が見やすい!

IMG_1552

デザイナーの「TAKANORI YUGE」さんの直筆サインも入ってます!

昨年のIOFT(国際メガネ展のノベルティ)の特典が届きました‼‼‼!

 

当分はお店に飾っておきます!

「TAKANORI YUEGE」フレームお買い上げのお客様先着1名様にプレゼント!

 

 

 

 

2016-01-19 | blog

真面目にリュネットプラス③

リュネットプラスblogにアクセス頂き有難うございます。

色々な面で真面目に取り組んで来ている、リュネットプラスですが

今回は目からウロコ、コロンブスのたまご、のような加工方法を

ご紹介いたします。

先日、ご来店頂きましたM様、普段はコンタクトレンズがメインですが

お話ししていくと、冬場はコンタクトだとすこし辛いので

普段、掛けてもOKな眼鏡をご提案。。

お度数も弱くないので余り横長だとコバの厚みが気になるし

超、超、薄型レンズを使わないと重さや、厚みが気になるので

今回フレームはラウンド(丸眼鏡)をお勧めしてみました。

ラウンド眼鏡の特徴としてはまず、ゆがみが見えにくい

レンズ径46㎜だとレンズ特有の歪みの部分を大幅にカットできるのです

と、いうわけで決まったフレームは「歩~AYUMI-011-0907-46」

IMG_151502

しかし、どんなに小さくしても度数は同じですからコバの渦がどうしても消えません

20160116

 

上の図の赤でカッティングすれば間違いなく薄くできるのはひと目でわかりますね

でも、レンズの渦の部分はどうしても目立ってしまいます。

 

そこで、リュネットプラスではフォグワースに通い魔法を習ってきました。

gnBs16oZmmNtyJyiEiwO1w_r

これが卒業証書ですよ~♬

では、魔法を掛けてみましょう!

IMG_150801IMG_1508

これは、まだ右のレンズだけ魔法を掛けてみました。

この後、左も魔法を掛けて出来上がり

M様の感想「掛けてないみたい、軽い!視野が広い」

満面の笑みを浮かべてお帰り頂きました。

今日も新しいお客様の笑顔がGETできました。。

 

「メガネの渦が気になる!」

「度が強いけど厚くなりたくない!」

「普段コンタクトだから重い眼鏡はいや!」

などなど

眼鏡で気になることがありましたらなんでもご相談ください。

 

魔法使いの弟子はとってませんのであしからず(笑)

 

 

 

 

 

2016-01-18 | blog

今日のランチも…

「自由が丘 ラマンダ」の画像検索結果

今日もラマンダさんでランチを頂いてきました。

 

“本日のキッシュ”を頂いたのですが、お野菜たっぷりでとても美味しかったです。

 

15時半頃に行ったのですが、休日の今日はテラス席まで

 

ほぼ満席でした。

 

でもシャンソンが流れるカウンターで食後に挽きたてコーヒーを頂き

 

ゆっくりと過ごすことが出来ました。

 

女性店員の方も笑顔が素敵で、私のお気に入りの場所です!!

 

 

 

ラマンダさんにリュネットプラスのショップカード置いて頂くことになりました!!

 

本日雪の中、たくさんのお客様の御来店、誠にありがとうございました。

 

3RE99edQcvv44Cb2noiHEg_r

 

 

2016-01-17 | blog

真面目にリュネットプラス②

リュネットプラスblogへアクセスありがとうございます。

このHPのトップにあるロゴや、表看板に名刺、ショップカードや

blogのタイトルでお馴染みのデザインを一括担当して頂いたのが

青山に事務所を持つグラフィックデザイナーの和田明人さん。

 

8月のミーティングの時にご持参頂いたデザイン画の量が半端なかったです。

2016011000

 

はい!これでも一部だけです。

全てのデザインにはひとつづつコンセプトがあり

丁寧に説明して頂きました。

そして、最終決定したのがお馴染みのロゴなんですね。

IMG_1425

更に看板を作るのに一苦労。。。

リュネットプラスの看板をよく見ていただくと分かるのですが

なんと、3D仕様になってます。

_DSC1051

数社に問い合わせしたところすべてNG・・・・・

最後にたどり着いたのが「スペースアートデザイン」さん

看板の制作会社ですが、TVやCMの備品なども手掛けている会社です

担当の佐藤さんもいろいろなアイデアを提案して頂き何とか

デザイナーさんの希望通りの仕上がりとなりました。

 

細かい所ですがリュネットプラスのオリジナルセリートのデザインも

デザイナーの和田さんの監修で作成してます。

IMG_1254

一回り大きい実用サイズ、何度も洗濯してご利用ください。

 

更に同じデザインで制作したリュネットプラス・オリジナルトートバッグを

100名様限定になりますが、

お買い上げの皆さまもれなく、プレゼントしております。

IMG_1491

まだまだ、たくさん残っていますが、

限定ですのでお早めにお立ち寄りくださいませ。

2016-01-16 | blog

また買っちゃいました(;´∀`)

今日もまたキャスキッドソンのSALEに引き寄せられるように行って

 

子供たちのリュックを買っちゃいました。

 

以前から長男のリュックが欲しいと思っていたのですが、

 

お揃いのリュックを見たら、迷わず次男のリュックも購入!!

 

リュネットプラスでお仕事の度に出費が…( ;∀;)

 

私のブログを見て、ちゃんと仕事をしているのか!?と

 

思っている方もいらっしゃるでしょうが

 

お買い物は出勤前や休憩時間内のことです。

 

お仕事中は真面目に手を抜くことなく一生懸命やっております!!

 

 

私は眼鏡で真面目というと

 

最初に思い浮かぶのが“歩”

 

取り扱いの難しい本セルロイドを使用。

 

本セルロイドは機械化できないので

 

職人さんによる手作業で出来ている、ぬくもりのある眼鏡です。

 

テンプル部分は金属露出部分をセル生地で埋め

 

汗や水分が入り金属が痛むのを防いでいます。

IMG_1533

鼻あて部分は大きいセル生地から削りだして作成し

 

丁寧に磨きあげることでフレームと一体化しているように滑らかな仕上がりです。

IMG_1532

こだわりのあるフレームですので、

 

とても掛け心地の良い、ぬくもりのあるフレームです。

 

是非、リュネットプラスで“歩”を体感してください。

アユミ ロゴ11_24

 

“歩”の虜になってしまうかも!?